薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します
 

薬剤師の資格を持っていれば、全国どこへ行っても転職はしやすいと言われていますが、都市部と地方では薬剤師の求人にも大きくさがあることをご存知でしょうか。

医薬分業が進んだことで、調剤薬局の数もここ何年かで急増してきました。そして薬剤師の求人も売り手市場と言われてきました。 しかし、薬剤師を輩出する薬科大学や薬学部の数もどんどん増え、 いずれ薬剤師過剰になると懸念されています。

人口が多いこと、薬学部や薬科大学が多いことなどもあり、業種を問わず都市部で薬剤師を確保することはそれほど難しくはありません。 しかし、地方では現在も薬剤師の不足状態は続いています。人口自体が少ないこと、薬科大学や薬学部を持つ大学が少ないこと、交通の便が悪いことなどが原因として考えられるでしょう。

都市部での薬剤師の求人は種類も多く、大手企業の募集が多いという傾向もあります。 薬剤師ではない一般的な企業でいえば、地方よりも都市部の方が所得は高い傾向にありますが、 薬剤師においては違う傾向が見られます。 都市部を中心に、薬剤師はすでに飽和状態になりつつあるとも言われ、所得は低下傾向にあります。そして、今後も下がり続けると考えられます。

薬剤師

地方における薬剤師の求人は、都市部に比べると製薬会社などの募集は少なく、大規模な病院の数自体も少ない傾向があります。
しかし、人口が少なくても医療はどの地域でも必要とされており、処方箋を調剤するには薬剤師の存在は必ず必要となります。
そのため、薬剤師が不足している地方においては、都市部に比べ高額な給料を提示する会社も少なくありません。

地方でも調剤薬局やドラッグストアの求人は多く、処方箋を調剤する薬局では、薬剤師がいないと営業ができなくなるわけであり、 高額な値段を払ってでも薬剤師の存在が必要であるということでしょう。
また給料が高いだけでなく、薬剤師確保のために住居を会社で用意してくれていたりと、高待遇な職場もあります。

薬剤師求人検索くん」という便利なサイトもあるので、こういったサイトを利用して求人を探すのもひとつの手段でしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.