薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方薬剤師の仕事

ホームへ戻る
薬剤師 地方出身の薬剤師で、自分の地元で働きたいと考えるかたも多いでしょう。

都市部においては求人の種類も様々で、自分のやりたい仕事に就職するという事も難しくないと思います。
薬剤師の仕事は全国どこでもあると言われていますが、それでも地方になるとある程度職種は限定されてしまう傾向にあります。

地方では、製薬企業などは少なく、大手の企業への就職というのは難しくなります。
都市部の大手企業に就職し、地方へ勤務というのは多いようですが、転勤が多いため、自分の希望する地域にずっと勤務するというのは難しいようです。
また、大学病院などの大規模な病院の数も少ないので、そういった職場への求人も少ない傾向があります。 しかし、地方で薬剤師を行っていくうえでメリットもあります。

一般的な会社員の場合、地方に比べて、都市部の方が収入は高くなる傾向にあります。 しかし、都市部では薬科大学の数も多いことから、自然と薬剤師の数も多くなるので、薬剤師は飽和状態になりつつあるとも言われています。 そのため、薬剤師の収入も低下傾向にあります。そして、これからも収入は低下していくと言われています。

一方、地方では医師不足だけでなく、慢性的に薬剤師不足の状態が続いています。地方でも医療は必要とされ、薬剤師の存在は不可欠です。
薬科大学や薬学部をもつ大学も、地方では数が少なく、薬剤師が輩出される数も少なくなるわけです。 また、製薬企業への就職や、大学病院のような大規模病院への就職を希望する学生が多いため、地方出身者でも自分の地元へ帰らずに、都市部に就職する人も多いのです。

そういった理由から、地方での薬剤師は不足しているわけですが、処方箋を受ける調剤薬局などでは、薬剤師がいないと営業自体できなくなるわけです。 そのため、都市部に比べると破格の給料を提示する求人も少なくありません。 地方出身者でなくても、薬剤師が不足している地方に転職することで、年収アップを望むことができるでしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.