薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方別求人情報

ホームへ戻る

<東北地方の求人傾向>

東北

薬剤師の求人は、日本全国比べると地域ごとにかなり差があります。薬剤師が働く職場の数や種類、薬剤師自体の人数が地域ごとに違っているからです。
東京などの都市部では、薬剤師の求人の種類も多く、様々な選択肢があります。そして薬科大学や薬学部をもっている大学の数も多いので、薬剤師人口も多くなっています。

一方、東北地方では東京などの都市部と比べると人口も少なく、薬剤師を輩出する大学の数が少ないことから、慢性的に薬剤師が不足している状況にあります。 特に青森県は、日本で一番薬剤師の数が少ないと言われています。
このような薬剤師が不足している地域では、必然的に薬剤師の年収が高く設定されています。 東京の同じ業種と比べると破格の値段が提示されている求人も少なくありません。 また、転職する際の引っ越し費用や、住宅などまで負担してくれる、高待遇の職場もあります。

しかし、人口が少ない地方だからと言って、薬剤師の業務が比例して少ないとは言い切れません。
人口が少なくても高齢化が進み、医療を必要とする人が多い地域であれば、病院を受診する人も多くなるわけです。
そのため、人口が少なくても医療を必要とする人が多い地域では、薬剤師一人あたりが調剤する処方箋枚数は多くなるわけです。
これは、地域によって大きく差があり、多い地域と少ない地域では約2倍以上の差があるとも言われています。
破格の年収を提示している求人には、それなりの理由がある場合が多いです。

一人薬剤師で勤務しなくてはならない、交通の便が悪い、など様々です。転職の際は、収入だけでなく、そのの職場のことを事前に調べ、自分の条件に合う職場を選ぶ必要があります。
薬剤師の数が少ないと言われている東北地方の中でも、宮城県の仙台市においては状況が違っているようです。
東北の中でも仙台市は人が多く集まる地域であり、薬剤師の求人の種類も多く、他の地域と比べて選択肢は多くなっています。就職状況は東京と似ているところがあると言えるでしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.