薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方別求人情報

ホームへ戻る

<四国地方の求人傾向>

四国地方

一般的な会社員で考えると、ほとんどの場合は地方に比べると都市部の方が給料は高い傾向にあります。
しかし、薬剤師においてはそれとは違う傾向が見られます。
たとえ人口の少ない地域でも、高齢化などの影響で医療を必要とする人口が多ければ、それだけ医療機関を受診する数も増えるため、必要とされる薬剤師の人数も多くなります。
そのため、人口が少なければ、薬剤師も少なくていいとは一概に言えなくなってくるわけです。

また、医薬分業で調剤薬局の数も増加してきましたが、保険調剤を行うためには薬剤師が必要となります。
保険調剤を行う調剤薬局は、薬剤師がいなくては営業ができなくなるわけです。
そういった理由から、地方の中でも薬剤師が不足している地域では都市部と比べると破格の高収入や高待遇の条件を提示する求人も少なくありません。
四国地方における薬剤師の求人状況は、どのようになっているのでしょうか。

徳島県は人口がそれほど多くない県ですが、人口に対する薬剤師数は全国的に見ても多くなっています。
徳島県内には徳島大学をはじめとする薬剤師を輩出する大学があることが、その要因の一つになっていると考えられます。
それでも地域によっては薬剤師が不足しており、そういった地域では好条件の求人も見られます。

高知県においては、人口に対する薬剤師の人数は、全国的に見ても平均的です。
しかし高齢化の影響もあり、高知県は一人あたりの国民医療費が全国的にも高い都道府県です。
その影響もあってか、薬剤師は慢性的に不足している状況が続いています。

薬剤師は、一般的な会社員と比べると初任給は高くても、昇給額があまり多くないため年収が伸び悩むような傾向があると言われています。
そういった理由から、年収を増やしたいために、転職を考える薬剤師も少なくありません。
そういった方は、薬剤師を必要としている地域へ転職することで、年収のアップを実現し、地域医療へ貢献することができるでしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.