薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■製薬会社での求人傾向

ホームへ戻る
薬

製薬会社での役割はいくつかありますが、研究職としての採用は少なく狭き門であると言われています。
薬剤師として製薬企業に就職する方は、MRである場合が多いです。

MR(Medical Representatives)は自社製品の営業担当であり、医薬品情報担当者と訳されます。
主な仕事は、医療機関を訪れ、自社製品に関する情報を医師をはじめとする医療従事者へ説明し、医薬品を実際にした効果や副作用に関する情報を医療機関より収集します。

製薬会社の多くは都心を中心に存在するため、就職のメインは都心となるでしょう。そして多くの場合は、それぞれの支店に配属という形になります。
また、職業柄転勤が多い傾向があるようです。そのため、地方の自分の地元でずっと働きたいという方には、難しい職種と言えるでしょう。

MRは、薬剤師でないとなることのできない職業ではありませんが、薬剤師の資格を持っていれば、専門的な知識をもって対応することができるので、営業活動にも役立つはずです。
そして、製薬会社に入社してから、MRになるためにはMR認定センターが主催するMR認定試験に合格しなければなりません。
この試験は年に1度行われている試験で、3分野「医薬品情報」「疾病と治療」「医薬概論」から出題されます。 薬剤師が受験する場合は、試験科目が一部免除になります。
またMRとして働いていくためには、医療機関の医師やほかの医療従事者とのコミュニケーション能力が非常に大切になります。
営業職である以上、薬剤師であるだけでなく人と接することを得意としている方が、仕事の成果に結びつきやすいのです。

MRの年収は、スタートは他の薬剤師と大きく変わらなくても、営業の成績次第で、若くても高収入を得られる場合があります。
ただし、職業柄、土曜・日曜の出勤や、日々の残業が長くなることも多いようなので、ただ単にお給料が高くておいしい仕事とは考えない方が良いでしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.