薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■年収をUPさせたい

ホームへ戻る
ビジネスマン

薬剤師は転職率が高い職業と言われています。
転職する理由は様々ですが、現在の収入に不満があって転職をするという方も中にはいます。
薬剤師の初任給は、一般的な会社員などと比べると高い傾向にあります。
しかし、そこからの昇給額はあまり多くないと言われており、ある程度のところで収入は頭打ちになるというような傾向があります。

まず、薬剤師が転職する場合に評価されるのは、薬剤師の資格プラスアルファとなる能力です。
管理薬剤師として、在庫管理や人材育成を行ってきた経験や、研修認定薬剤師の取得などを評価してくれる職場も多いです。
そういって点をアピールし、前職以上の給与をもらえるよう交渉してみると良いかもしれません。

また、現在は在宅医療を行う調剤薬局などもふえてきていることから、在宅医療の経験があることも評価されやすいでしょう。
そして、大きく収入をアップさせるために、薬剤師が不足している地方へ就職するという方法があります。
東京や大阪などの都市部では、薬剤師は飽和状態になりつつあるとも言われており、給与も低下傾向にあります。
一方、地方では薬剤師は依然として不足している状態で、そのため都市部と比べると破格の給料を提示している会社もあります。
人口が少ない地方でも、医療は必要となるものです。

調剤薬局などでは、薬剤師がいないことには営業自体できなくなるわけで、破格な給料を払ってでも薬剤師が必要になるというわけです。
ただし、転職する際には、高額な給料をもらえるだけの理由を明らかにしたうえで就職するべきでしょう。

交通の便が悪い僻地である。一人薬剤師で営業をしなくてはならない。薬剤師が少ないことから、有給休暇が取りづらい。など様々な理由が考えられます。
転職してから、こんなはずじゃなかった…。とならないように、事前のリサーチが重要となるでしょう。
地方での薬剤師の求人では、住宅も会社で用意してくれるなどの高待遇なところもあります。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.