薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方で働く難点

ホームへ戻る
風景

薬剤師として地方で働く場合、都市部とは異なる点がいくつかあります。まず、就職や転職に関してです。

都市部の場合は、大学病院などの大規模な病院や、大手の製薬企業などが多く、薬剤師としての求人の種類も地方に比べ多岐に渡っています。
製薬企業であれば、地方の支店へ配属され勤務することも多いですが、転勤が多いため同じ地域にずっと留まることは少ないでしょう。

地方では、大学病院などの大規模な病院や、大手企業は少なく就職も難しい状況にあります。しかし、薬剤師としての求人が少ないわけではありません。 地域の病院や調剤薬局、ドラッグストアの求人はたくさんあります。

地方では、都心に比べると薬剤師を輩出する大学の数も少ないため、薬剤師自体の数が少なく、慢性的に薬剤師不足の状況にあります。 さらには、高齢化が進んでる地域が多いため、地方でも医療を必要としている人は多く、薬剤師不足は深刻な問題となっています。
そういった状況からか、薬剤師では都市部に比べ地方の方が、収入は高い傾向が見られます。

一般的な会社員では地方に比べ都市部の方が高収入であることが多いことと比べると、薬剤師は特殊と言えるでしょう。
それを利用して、収入をアップさせるために都市部から地方へ転職する薬剤師もいるようです。

薬剤師の初任給は一般的な会社員に比べると高いですが、昇給が少なく、収入がある一定以上からあまり上がらないとも言われているので、 地方への転職でそれが解消されるとも考えられます。

実際に、時給5000円や年収1000万円などと破格の給料を提示している求人を見られます。
薬剤師がいないことには営業できないという状況の会社もあるわけで、それだけの給料を払ってでも薬剤師が必要な場合があるのでしょう。
もちろん、それだけの収入が得られるには苦労する点もあるはずです。
一人薬剤師での勤務である、必然的に残業が多くなってしまう、商店のある街まで遠い、などということもあります。
その点をしっかり事前に把握したうえで就職することが重要です。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.