薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方で働くメリット

ホームへ戻る

薬剤師の就職先には様々な職場がありますが、大手の製薬企業や、大学病院のような大規模な病院は都市部に多く、地方でそのような仕事に就くことは難しい傾向にあります。
製薬企業に就職した場合は、多くは地方の支店に配属されますが、転勤が多く同じ地域でずっと働くというのは難しいようです。

大手の製薬企業や大規模な病院への就職を希望する学生は多く、地方出身の薬剤師でも都市部に就職をするという人も多く見られます。
また、薬剤師を輩出する薬科大学も地方に比べ都市部に集中していることから、地方の薬剤師は慢性的に不足し、その問題は深刻化しています。

メリット

しかし、地方で働くメリットもあります。
たいていの職業では、地方に比べて都市部の方が給料は高い傾向にあるのが一般的です。しかし、薬剤師においては違います。
先ほど述べたとおり、地方での薬剤師数は不足しています。それにも関わらず、地方では高齢化が進み、医療を必要とする方も多くいます。そのため薬剤師の存在は不可欠なのです。

処方箋の調剤を行っている調剤薬局は、地方でもたくさん存在し、求人もたくさんあります。しかし、薬剤師がいなくては営業自体できなくなってしまいます。
そういった理由から、都市部に比べると高額の給料を支払ってでも、薬剤師が必要とする会社が多く、全体的に都市部に比べて地方の方が給料は高い傾向にあります。 また就職する際に、住宅や引っ越し費用まで会社が負担してくれるという、高待遇な会社もあります。

薬剤師は一般的な会社員と比べると初任給は高いと言われていますが、長期的に見ると、昇給額があまり高くないため、収入は頭打ちになる場合が多いようです。 そのため、年収をアップさせるために、地方で薬剤師が不足している地域へ転職するという薬剤師もいます。 ただし、破格の給料を提示している会社では、それだけの給料をもらえる理由を、就職する前にしっかりと確認しておく必要があると思います。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.