薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方別求人情報

ホームへ戻る

<九州地方の求人傾向>

九州

東京都内のような都市部と人口の少ない地方部を比べると、一般的な会社員のような職業では、都市部の方が地方部に比べ収入は高い傾向にあります。
しかし、薬剤師では一般的にそれとは違う傾向が見られます。

例えば、人口が少ない地域でも高齢化が進むと、必然的に医療を必要とする人口が増えます。そうすると、必要とされる薬剤師の数も増えていきます。
そのため、人口が少ない地域であれば薬剤師も少なくて良いとは一概には言えなくなるわけです。

近年では医薬分業が進み、調剤薬局の数も増加しました。
保険調剤を行う薬局には薬剤師が必要となるため、薬剤師がいないと営業ができなくなるわけです。
そのような理由から、都市部と地方部を比べると、地方部でも薬剤師の不足している地域では都市部よりも高収入や高待遇の条件を提示する求人が多い傾向が見られます。 九州地方における薬剤師の求人状況は、どのようになっているのでしょうか。

福岡県には、薬剤師を輩出する薬科大学や薬学部を持つ大学が多数あります。
人の多く集まる福岡では求人の種類や数も多く、たくさんの選択肢の中から職場を選ぶことができるでしょう。
しかし、福岡県の中でも福岡市は人気のエリアで、薬剤師の求人も充足の傾向が見られるようです。

佐賀県においては、人口における薬剤師の数は全国的に見ても平均的です。
佐賀県は医薬分業率が全国でも高い都道府県であり、薬局や病院などの医療機関へ勤務する薬剤師の割合が高いのが特徴的です。
佐賀県内でも、地域によっては薬剤師が不足している地域もあり、高収入や高待遇の求人をみつけることも可能です。

一般的な会社員と比べると、薬剤師は初任給が高くても昇給額があまり高くないために、年収が伸び悩むような傾向にあると言われています。
そういった理由から、年収をアップさせるために転職を考える薬剤師も少なくありません。
年収をアップさせる方法の一つとして、薬剤師が不足している地域への転職することが考えられます。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.