薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方別求人情報

ホームへ戻る

<近畿地方の求人傾向>

近畿

薬剤師の求人に関しては、地域によって違いがあります。求人の数や種類、そして給料などの待遇面など様々な違いが見られます。
薬剤師においても、需要が多く供給が少ないエリアであれば、高収入・高待遇の求人が多く、需要が少なく供給が多いエリアではあまり高収入の求人は多くない傾向が見られます。
近畿地方での求人状況はどのようになっているのでしょうか。

大阪は東京都並ぶ大都市であり、求人の情報量も非常に多いです。
全国的に見ても、薬剤師の数が比較的多い地域で、薬剤師の数が飽和してきているとも言われています。
そのため、薬剤師が不足している地域に比べると、高収入・高待遇の求人数は少ない傾向にあります。

大阪府の中でも、大阪市内は特に求人が充足傾向にあるため、それ以外の地域では比較的好条件の求人が見つけやすいと言えます。

兵庫県は全国的に見ても、薬剤師を輩出する薬科大学や薬学部を持っている大学の数が多い県の一つです。
そのため、関西地方においても、大阪に次いで薬剤師の数は多い県となっています。薬剤師の求人も充足傾向にあります。
特に人気なのが、神戸市や西宮市のエリアです。そのため、このエリアでは高収入・高待遇の求人を見つけるのはなかなか難しい状況にあります。
それ以外の地域では、薬剤が不足しているエリアもあるため、人気エリアと比べると好条件の求人を見つけやすいでしょう。

京都府では、人口に対する薬剤師の数は比較的多いのですが、薬局や病院などの医療機関における薬剤師の数は全国的に見ても少ない状況にあります。
京都府には京都大学をはじめとする、薬学部や薬科大学が存在する大学がありますが、多くの学生が研究職や製薬会社への就職を希望しているため、 そういったことが医療機関への就職する薬剤師が少なくなる要因の一つとなっているようです。

それ以外の近畿地方の都道府県では、人口の多い人気のエリアや大阪へのアクセスの多い地域での求人は人気がある傾向にあります。
それ以外の地域では、薬剤師は不足している傾向があるので、高収入や高待遇の求人を見つけやすいでしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.