薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■稼ぐための転職

ホームへ戻る
招き猫

薬剤師という職業は、一般的な会社員などと比べると初任給は高額に設定されている傾向があります。
しかし、給料が年俸制でありボーナスはないという場合も多く、また昇給額が少ないというような傾向も多く見られます。
そのため、最初の給料は高くても、徐々に頭打ちとなることも多いようです。
そういった理由から、転職を考える薬剤師も多いのです。

しかし、転職するだけで年収を上げるというのは難しいです。まず、地域によっても状況は違ってきます。
需要に対して薬剤師の供給が多いところでは、当然薬剤師の給料も低く設定されます。
一方、需要に対して薬剤師の供給が少ないところでは、高額な給料を支払ってでも薬剤師を採用していので、給料は高額に設定されます。

薬剤師が不足している地域を選べば、転職によって年収をアップすることは可能でしょう。人口の少ない地方では、 慢性的な薬剤師不足の状況にあり、高額な給料を提示している会社もあります。 ただし、高額な給料を設定しているには、それだけの理由がある場合が多いので、しっかりと条件を確認したうえで転職することが重要です。

都市部であっても、夜勤があること、休日出勤があること、人事異動があることなどの条件によって年収をアップさせることができる場合があります。
そういった条件で働くことのできる薬剤師の供給も少ない傾向にあるので、年収アップにつながりやすいと言えます。

また、地域を変えずに転職をする場合は、自分の培ってきた薬剤師としてのスキル、
そして薬剤師の資格にプラスアルファとしてもっているスキルが評価されます。
調剤経験が長いこと、調剤を受けていた処方科目が多いこと、在宅医療の経験があること、臨床経験があることなどです。
それ以外に、管理薬剤師として調剤以外に在庫管理や人材育成などに関わってきたこと、研修認定薬剤師の認定を受けていることなども評価されるでしょう。
具体的にいえば、日本薬剤師研修センターなどで研修を受け、スキルUPさせるのも年収UPや、良い転職先を見つけるには有益な方法です。)
そういったことが評価される職場であれば、転職して年収をアップさせることが可能となるでしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.