薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方別求人情報

ホームへ戻る

<関東地方の求人傾向>

関東

関東地方は、全国的に見ると比較的薬剤師の需要と供給のバランスが良い地方ではありますが、関東地方の中でも求人状況には差があります。

首都である東京は、人口に対する薬剤師の人数は全国1位の都道府県です。
医療機関だけでなく、大手製薬企業、行政や研究に関わる機関も多く存在し、薬剤師としての就職の選択肢も多くあります。
そのため、他の都道府県から東京に移り住み、就職する薬剤師も多いのです。

大学病院のような大規模な病院や、大手製薬企業は薬学生にも人気の職場であり、それらが多く存在している東京都内には、薬剤師が集中する傾向にあります。
しかし、そのほかの都道府県と比べると、薬剤師が供給過剰状態にあります。そして、今後もその状態が続くと言われています。

一般的な職業では、地方に比べると都市部の方が収入は高い傾向にありますが、薬剤師では違っています。
収入の面で見ると、他の都道府県と比べて好条件の求人を探すのは難しい傾向にあります。

千葉県、神奈川県、埼玉県において薬剤師の求人状況は比較的良いと言われています。薬剤師の需要と供給のバランスも良好です。
千葉県においては、東京に近いエリアが人気であり、千葉県南部、中央部、東部地域では薬剤師が不足している傾向も見られます。
神奈川県においては、東京へのアクセスも良い横浜市や川崎市が人気となり、多くの薬剤師が活躍しています。それ以外の地域では、薬剤師不足の地域もあるようです。
埼玉県においては、さいたま市や大宮市が人気のエリアとなっています。

千葉県や神奈川県と同じく、人気のエリア以外では薬剤師不足も見られます。
そういった、薬剤師が不足傾向のエリアであれば、関東圏内でも高収入を提示している求人も見られます。
関東の中でも、群馬県、栃木県は全国的にも薬剤師の人数は少ない傾向にあり、薬剤師不足が問題となっています。そのため、東京都内の同じ業種と比べると、破格の給料を提示する求人も少なくありません。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.