薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方別求人情報

ホームへ戻る

<北陸地方の求人傾向>

北陸

薬剤師の求人状況は、地域ごとに違いがあります。
地域の特色、その地域における薬剤師の人数、薬剤師の働く環境などが、地域によって違うからです。

北陸地方である富山県、石川県、福井県の3県を見てみても、求人状況には違いが見られます。
北陸地方の中でも、富山県は「富山の売薬」と言われるほど、家庭に医薬品を常備する医薬品配置販売業の長い歴史があります。
その影響からか、現在でも製薬会社や研究所などの医薬品関連企業が数多く存在しています。
人口に対する薬剤師の人数は全国的に見ても多く、製薬会社に勤務している薬剤師の割合が高いことが特徴的です。
一方、人口に対する調剤薬局の数は比較的少なく、調剤薬局や病院などの医療機関に勤務する薬剤師の割合が低い傾向が見られます。

石川県は、全国的に見ても人口に対する薬剤師の割合は多く、業種別で見ると調剤薬局で勤務する薬剤師の割合が高い傾向が見られます。
石川県では金沢市のエリアが人気となっていますが、それ以外の地域では、薬剤師が不足している地域もあるようです。

医薬分業がどんどん進んできた中、福井県は全国的に見ても医薬分業率が低い県です。
調剤薬局の数も他の都道府県に比べて少ない傾向が見られます。
また、人口に対する薬剤師の数も少なく、慢性的に薬剤師不足の地域であると言えるでしょう。
そういった、薬剤師が不足している地域においては、都市部での同じ業種に比べると破格の高収入を提示している求人もあります。

一般的な職業では、都市部の方が地方に比べて収入は高い傾向にありますが、そういった意味では薬剤師は逆の傾向が見られます。
北陸地方の3県はいずれも調剤薬局の数が、比較的少ないのが特徴的な地域です。
しかし、薬剤師が不足している傾向もあるため、求人が少ないわけではありません。
富山県に医薬品関連の企業が多く、それらに就職する薬剤師が多いという傾向も、この地域ならではの特徴と言えるでしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.