薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法

地方で働く薬剤師の就職・転職を応援します

■地方別求人情報

ホームへ戻る

<東山地方の求人傾向>

東山地方

薬剤師の求人状況は、地方により違いがあります。
IターンやUターンによりその地方をはなれる場合もありますが、薬剤師を輩出する大学がその地方にあるかどうかということは、その地方の薬剤師の人数に影響します。
そのため、薬科大学や薬学部のある大学が多くある地方は、薬剤師が多い傾向があります。
また、都心部であれば大手の製薬企業や、大学病院などの大規模な病院も多くあります。
そういったことから、求人の種類も多種多様で選択肢が広がります。

日本の東山地方と呼ばれる、山梨県、長野県、岐阜県における薬剤師の求人状況はどのようになっているのでしょうか。
東山地方においては、薬剤師を輩出する薬科大学などが比較的少なく、全体的に薬剤師も不足している傾向があるようです。

長野県の面積はとても広く、松本市をはじめとするエリアに薬剤師が集中する傾向があり、県内でも大きく偏っています。
松本市や長野市以外のエリアでは、薬剤師は不足傾向がみられ、人気のエリアと比べると収入面や待遇などで良い条件の求人も多数あるようです。

岐阜県は、飛騨山脈などの自然豊かな地域であり、岐阜市、大垣市などの主要都市を中心に多くの薬剤師の方々が活躍しています。
また、飛騨などのエリアでは薬剤師が不足傾向です。
地域医療に貢献している岐阜県では、土日休みや高収入の求人が多数あり、プライベートと両立しながら働ける職場が見つけやすいでしょう。

山梨県は南側に富士山をもち、様々な果物の名産地でもあります。
全国的に見ても、人口に対する薬剤師の人数が比較的少ない傾向にあります。
そのため、薬剤師の求人も高収入であったり、休日が確保されていたりと高待遇な求人が多数あります。

たいていの職業では、地方に比べると都市部での方が収入は高いという傾向が見られます。 しかし、薬剤師においては人材の不足している地方の方が、収入は高い傾向が見られます。年収アップを考える方は、地方への転職も方法の一つと言えるでしょう。

 
 
(C) Copyright 薬剤師が地方でガッチリ稼ぐ方法 All rights reserved.